>

原因が歯並びにある場合

これまでの悩みを解決

標準的なサイズの前歯でも、歯並びが悪い場合は大きく見えることがあります。
その場合は、矯正治療で対処してください。
歯並びを整えると、歯全体のバランスが悪くなり、前歯が小さく見えます。
矯正治療と聞くと料金が高く、治療が終わるまで時間が掛かると思う人がいるでしょう。
しかし前歯だけを施術する部分矯正なら、そこまで費用が高くなりません。
数か月で施術が終わることもあり、負担を削減できます。

歯並びが悪いと、顔の筋肉が引っ張られて頭痛や肩凝りの原因になります。
また見た目を気にして、これまでうまく笑えなかった人がいるでしょう。
人前に出られなかったり、人とうまくコミュニケーションを取れなかったりする人がいますが、矯正すれば解決できます。

リスクがある方法

前歯が綺麗になって悩みを解決できても、矯正後にトラブルが起こるケースが見られます。
特に噛み合わせに異常が見られて、顎への負担が大きくなり、顎関節症を発症する人が多いです。
また歯肉退縮という、歯茎が下がる症状が出ることがあります。
歯茎がどんどん下がって歯の根元が露わになると、冷たいものがしみたり虫歯を発症したりします。

さらに、歯肉吸収という症状も起こりやすいので注意してください。
これはもともと生えていた歯の根元の長さが、矯正治療の影響で短くなることを言います。
ただ歯が抜け落ちるほど、大きな被害が出ることは少ないです。
このようなリスクがあることを知り、もし矯正後に異変が見られたらすぐ歯科医師に相談しましょう。


この記事をシェアする